2008年09月10日

誰かに・・・

gak0809.jpg富士登山のことでイロイロしているうちに
なんかテント泊の山登りもいいなあなんて思ったりしてた。

すると、
岳人 2008年9月号が「山の旅 テント縦走」













おお、ナイスタイミング
.
.続きを読む
posted by llcamper at 23:17| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

Into The Wild

新聞を読んでいて9/6ロードショーの広告が目に入る。

イントゥ・ザ・ワイルド

はて?どこかで見たぞ。

そうでした。「荒野へ」の映画化ですね。
著者はエヴェレストの話で書いた「空へ」という本のジョン・クラカワー。

アラスカの荒野にうち捨てられたバスの中で餓死した若者の実話である。

数年前に、確かエンデュアランス号関連の本と並行して読んでいたんだが(特に理由はない)、シャクルトン一行の国家の威信をかけた(そんなもんは最初の方で無くなってしまうんだが)壮絶な大冒険に比して、クリスの個人的な体験があまりにも静かに語られていて、少々とまどった覚えがある(当たり前か)。

たまには映画もいいなあ。


posted by llcamper at 20:30| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

来シーズンに向けて

富士山のシーズンは終わったんだが、カタりたいことは終わってない。
山梨県側からの登山者が、過去最多らしい。24万人オーバー!!
今シーズンは終わりだが、来年登る人のためにお役に立てればと思いつつ・・・。

登る時期
我が家はお盆休みが終わった日曜日、月曜日の1泊2日とした。
これはもう、「7.8月で盆と休日を外す」ことができれば理想。
ベストシーズンが梅雨明けから台風のシーズン前で気候が安定しているいわゆる「夏休み」と重なるわけだが、休日を外すことができれば、登るにも泊まるにも快適だろう。
まあ、これは出来ればの話である。

登るルート
代表的なルートは河口湖口、富士宮口、須走口、御殿場口の4つである。
今回、須走口ルートを選択した。
fuji871.JPG
理由は
7.8月の繁忙期であっても他ルートよりは混んでいない(ルートが長い、登り始めが低い・・・etc)。
概ね登山道と下山道が分かれている。
走って下って遊べる「砂走り」がある。
東側からアプローチするので山頂でなくても御来光が拝める。
林間のルートが長い。
からである。
他のルートは知らないが、初回挑戦の須走口ルートは良いと思う。
.
.

続きを読む
posted by llcamper at 21:18| ホノルル ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

防災の日

9月1日は防災の日

だから、うちも災害時の仮設トイレ用テントの点検をした。
0901_02.JPG
いや、単なる着替え用テントでした。トイレではありません。すいませんです。

以前、野反湖キャンプで近くにある川底から湯が出ている尻焼温泉にいくつもりで準備したものだ。その時は雨で川が増水し温泉が利用できず出番がなく、それ以降も出番がなかった。

ようやく先日の富士登山で、駐車場においてピチピチのサポートタイツをはくのに使用した(まあ、無いなら無いで別段困ることはなかったと思う)。

張りたかったんだよおお!!
.
.続きを読む
posted by llcamper at 18:50| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

リスクとハザード

これはなんでしょう?

fuji862.jpg
富士でヘロヘロだった下の息子(小5)は、ヘロヘロだったために下を向いている時間も長く、地面に落ちているものを結構見つけた。これは、その度に拾い集めたものだ。
ヘロヘロだった下の息子(小5)でさえ、これだけ拾ったんだから、本気になればもっと集まったかもしれない。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 16:26| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

酸素を下さい

富士山が他の山と違うのが、7,8月のシーズン限定ながら、荒天でなければ素人が簡単に3,000m級に登れちゃうところである。

スキルや装備の不備は金さえあれば点在する山小屋がフォローできる。
ただし、体の不具合だけはどうすることもできません。

高山病である。低酸素症ともいう。
標高が上がるにつれて血中酸素濃度が低下し、頭痛、吐き気、めまい、などの症状がでる。登るにしたがって登山路わきにヘロヘロな人が増える。
人や体調によって程度はまちまちで、富士山のレベルでは影響のない人もいれば、最悪は死にいたる場合もある。
今シーズンの富士山でも事故があったようだし、
別のところだが標高2,000mちょっとの高さでもあぶない

ウチの場合は下の息子(小5)とカミ様がやられた。上の息子(中3)は全く影響なしで、私は軽度でたいしたことはなかった。
fuji841.jpg
雲より上でヘロヘロの息子殿である。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 21:55| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

富士に登る、準備。

富士に登る準備が着々と進められている。

低レベルなスキルをブツに頼って補う。
この時期、どこのアウトドアショップも富士登山を前面に出している。

高山病対策に酸素があるといいよ。
頂上は真冬。薄手のダウンを着て御来光を待とう。
御来光には深夜歩くので懐中電灯が必要、両手のあくヘッドランプがおすすめ。
下りでは、小石や砂が入らないように足首を包むスパッツがあると重宝。
長い下りも、サポートタイツで疲れを軽減。
・・・
などなど

まんまとそれに乗せられて、せっせと用意しているllcである。
fuji800.jpg

いやllcだけではない。
店に来ている人全てが富士山を目指しているんではないかと思うほど、同じ商品のところに人が集り、似たような会話を店員としている。

みんな富士なのか?そうなのか?
.
.続きを読む
posted by llcamper at 14:16| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

土手に行く

ロードレーサー風自転車を若干いじったので、試走を兼ねて息子と土手に行く。
が、走り出してほどなくサッカーのピッチが空いてるのを見つけ、シュート練習。

暑い。熱い。

隣には草ボウボウのエリアがあって、そばに大きな柳の木がある。
その草ボウボウの中の青い家(BlueSheetHouse)の人達が、このクソ暑い中にあって涼しい木陰を提供している柳の下で気持ちよさそうに昼寝をしている。
dote801.JPG
.
.
続きを読む
posted by llcamper at 20:10| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

山に登る

トレッキングポールも用意したし、山に登ることにする。
目指すは日光の男体山。富士の前哨戦としては格好の相手である!。

男体山(海抜2,486m)は二荒山神社の御神体山である。
だから、中禅寺湖側から登るんであれば、湖畔の二荒山神社中宮祠で登拝料を納めて、境内の鳥居をくぐってスタートする。
標高差1,200mを一気に登る。けっこうキツイ。ハッキリいってしんどかった。
nan801.JPG

.
.
続きを読む
posted by llcamper at 16:19| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

トレッキングポール

トレッキングポールを入手
杖ついて野山を歩くことにする。

トレッキングポールといえばLEKI。それも、グリップがT字のコルクのやつ。
前から、かっこイイなあと思っていた。
po800.jpg
・・・が、アウトドアショップの店員さんの言うところによると、今時のトレッキングポ
ールは、 「 2本使いが当たり前。T字は杖、スポーティではない。ましてやT字2
本なんてかっこ悪いよ。 」 とのことである。
po803.jpgpo804.jpg















どうも、T字グリップのポールは杖として認知されていて、スキーのストックと変わ
らないスポーティなグリップの2本使いが今風らしい
.
.続きを読む
posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

焚火缶2

「渓流コッヘル」がきた・・・

taki809.jpg
「焚火缶」じゃなくてね・・・

表面の仕上げが「焚火缶」よりイイ(個人的印象)。
取っ手が本家ビリー缶と同じ向き(段のあるほうが上)。
気持ちは本家、パクリは完璧、ということで「渓流コッヘル」の優勢勝ち!?。

本体が入っていた箱が「焚火缶」のような楽しい箱ではなく、味も素っ気もない
白い箱だった。ここは「焚火缶」と勝負してもらいたかったところである。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 00:02| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

ワイングラス

やっぱりワインはグラスですね!

でも、家のグラスでさえ片っ端から無くなっていくのに、外へ持って出た日にゃ
瞬殺は間違いない。

で、下戸の私が頼まれもしないのに御用意させていただきました。
コンパクトになる割れないワイングラス。
gra803.jpg
どこかのスピーカーではございません。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 01:10| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

焚火缶

シャーペンをさがしに立ち寄った東急ハンズ
ここで僕は「焚火缶」に出会った。じゃあ〜ん。

処分品が放り込まれたワゴンの中には、売れ残った商品達の無念さが漂ってい
るが、その中にあって、薄汚れてしまったポップな「焚火缶」の文字が私に訴え
かけてきたんである。

箱を開けてのぞいてみると、入れ子になった3つのフタつき鍋だった。
(この写真は別のところで撮った写真)
taki801.JPG

「コッヘル」とか「クッカー」とかのネーミングだったらそれほど興味も沸かなかった
んだが、なんといっても

「TAKIBIcan」

である。限りなくアウトドアグッズのニオイがしつつも、llc側に予備知識が全くない
ブツであった。この正体が気になる。ついでに欲しくなる。

というわけで「焚火缶」をめぐる長い旅が始まったのである。
(ちなみに、東急ハンズではレジ手前で踏み止まった。まずは入念な調査をしてか
らだ。)
.
.続きを読む
posted by llcamper at 23:18| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月30日

飛行機と星と

原稿執筆で忙しいハズのF氏より、面白いネタをいただいた。
まずGoogleEarthネタ。

地球をぐるんぐるん回したり、自分の街を上空から眺めたりして遊べる
GoogleEarthだが、これにフライトシミュレータの機能がついている。
飛行機の操縦ですね。
以前は隠し機能だったようだが、今は標準で装備されている。
「ツール」→「フライトシミュレータを開始」で、あなたもパイロット。
hosi804.jpg
.
.続きを読む
posted by llcamper at 16:22| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

何故に?

ガソリンスタンドで洗車を待つ間、近くの土手にいく。

鉄コン筋クリートのクロ(シロ?)のように河川敷を見下ろす息子。
rei801.jpg

ノドが渇いたので冷蔵庫をのぞく!?
.
.続きを読む
posted by llcamper at 20:28| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

GOLITE SHANGRI-LA 8+

MSRのパビリオンがなくなって淋しい思い(何故に?)をしていたところ、
雑誌の広告で見かけたのがGOLITEのSHANGRI-LA 8+

8人用のシャングリラ。ですか。
アグレッシブな軽量化商品を提供しているGOLITEのことだから、さぞかし軽いんでしょうな。

大きさはパビリオン ( 4.3m x 7.0m ) よりひとまわり小さい2.9m x 5.8m。
ポールの高さはパビリオン ( 2.44m )よりかなり低くなって1.85m
ファブリックは75Dのパビリオンに対して、SiLiteというシリコンコーティングされた30D!!
これは軽い!!、重量はパビリオン ( ペグ込み6.8kg )に対してナント2.9kg!!
さすがGOLITE!!

ポール高さが1.85mなんで、タープというよりテント使いか。
オプションで蚊帳(商品名NEST )フロアシートも用意されている。

GOLITE SHANGRI-LA 8+
レベルの低いツアーなんかでは重宝しそうである。
日本でも入手可能だ。
posted by llcamper at 03:13| ホノルル 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

謎の虫

マンションの廊下で謎の昆虫を発見!!

カミキリかと思ったが違う。
nazo801.JPG

両サイドに半透明の模様入りのウィングがついている!
このウィングは、しまい忘れた羽とかではなくサイドに固定されているように見える。

おまけにゾウムシのように口が細くて長〜い!
その先っちょは前に伸びてゆかず、体の方にカーブしている ( 写真の2本の触角
の間に見えるもの ) 。

体長4センチぐらい。それに長い触角。
エンボスの入った、しっかりとしたブラックなボディ。

7階の廊下だったから、飛んできたんだろうなあ
ネットで探してみたが、見つからない。
プロポーションはルリハナカミキリかオオオサムシのようだが、彼らじゃない。

何枚か写真を撮ったが、みんなボケボケで、よけいにナゾを深めてしまうようなこと
になってしまった。

それにしても・・・
どなたかご存じ?
posted by llcamper at 20:38| ホノルル ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

母の日

母の日にお菓子屋さんに寄ったら、母の日シールをつけてくれるという。
せっかくなんで、酒の肴であるタコの酢漬けの袋に貼ってもらった。
haha801.JPG

ちゃんとカーネーションもついている。
haha802.JPG

せっかくなんで、再利用させてもらう。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 22:12| ホノルル ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

リップウィングタープ“シールド” Pro.

次、リップウィングタープ“シールド” Pro.

50周年Pro.モデル」でエルフィールドデュオと共に人気だった
復刻版リップウィングタープ“シールド” Pro.

まあ、これについては今更ですが「moss 19'Parawing」がありましたね。
引き継いだ「MSR」のParawingは色がビミョウでした。
左がリップウィングタープ“シールド” Pro. 右がmoss 19'Parawing。
w801.jpgw802.jpg














ところで
.
.続きを読む
posted by llcamper at 20:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

エルフィールドデュオ Pro.

さて、エルフィールドデュオ Pro.である。

復刻されたこのテントの特徴は3本のポールの配置と出入口の位置である。
本体に対してフライの出入口が角度を振っているため、全体のシルエットはイモ
虫が振り返ったような感じのテントである。

lfd800.jpg

ところで、「moss」というテントブランドがあった。
.
.続きを読む
posted by llcamper at 23:30| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする