2018年11月06日

古隅田川(東京)Aのつづき

黄色丸部分を確認する。
181020_020.jpg
.

.
まず綾瀬駅側
黄色丸2つ分ほどは現在駐輪場になっている。
181020_021.jpg
黄色丸3つめ辺りから駐輪場を見る。
きれいに整備され、レンガ調の歩道が古隅田川の存在をアピールしている・・・と思う。

振り返って南側を見る。こちらも整備されたレンガ調の歩道(の古隅田川)が南に延びている。
181020_022.jpg

レンガ調の歩道(の古隅田川)を南下していくと、道路工事が・・・
181020_024_1.jpg
おそらくここから先も、今後レンガ調の歩道(の古隅田川)として整備されていくものと思われる。

フェンス越しにのぞいてみると
181020_025.jpg
暗渠の工事だ。やはり細い流れがある。おお古隅田川!!

さらに南下すると、先の駅前駐輪場のようにすでに整備が終わってレンガ調の歩道(の古隅田川)になった。
181020_028.jpg
写真は、工事の終点を過ぎて振り返って撮りました。

で、この道が、古い地図には無いけど、案内板にはある輪投げのくびれた部分を流れている川にぶつかる。
※写真が無いので、ストリートビューの画像を見て下さい。

この道と先の川がぶつかるところに橋がある。
181020_030.jpg

よーく見ると
181020_031.jpg
「元隅田橋」という名前が・・・

ところで、「この道」は暗渠となった川(古隅田川)をレンガ調の歩道付きの道路として整備したわけで・・・
橋の下の、古い地図には無い古隅田川と、暗渠の古隅田川がぶつかっている事になる。

先の道路工事中の様子をながめていたら面白い事に気がついた。
181020_026.jpg
橋の欄干と思われるものと、道路工事の看板がある。
暗渠の工事だから交差点には橋がかかっていることになる。

181020_035.jpg
看板は「古隅田川を整備しています」と書いてあった。

橋の欄干には・・・
181020_027.jpg
なんと「元隅田川」と書いてあった。「古隅田川」ではなく!?。

古隅田川は昔の地図が示すように、綾瀬駅を巻いた輪投げルートを流れていて、その後、くびれ部分をつないでショートカットしたルートがつくられた(今昔マップの地図から追うと終戦頃以降か)。
思うに、くびれルートをあらためて「古隅田川」呼び、輪投げルートの方を「元隅田川」として区別したのだろう。

まあ「元隅田川」は「元古隅田川」としてくれていたら、気持ちがスッキリしたところではある。
以上、古隅田川(東京)はおしまい。
古隅田川(埼玉)ってものあるな。






posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。