2018年11月02日

自転車のハンドルを交換する

自転車に乗ってるうちに、ハンドルをもう少し高く、さらにもう少し前にも出したくなった。
birdyは、サドルの高さと前後位置は調整可能だが、ハンドルは固定され調整代はない。

方法はいろいろあるが、単純に目的にあう形状のハンドルに交換した。
2017年モデルのBirdyはハンドル幅が520o、握る部分は22.2mm、ハンドル取付部の径が31.8mmのまっすぐなハンドルである。
なのでママチャリみたいに曲がった形状のハンドルだったら、高さと前後の調整が可能である。

選んだハンドルは
VENO(ヴェノ) セットインライザーハンドルバー バークランプ径:31.8mm
181031_001.jpg


ライザーバーっていうと幅が広いのが多く、オールランダーバーはライズ(曲がり?)が小さく、目的に合わないのが多い中、東京サンエスから質感の良いハンドルが出ていた。

ライズは5センチ程度、ハンドル幅はオリジナルより両側1センチずつ長い540o。
ハンドルを握ってみると、ポジションが拳半分から1個分高くなって前に出た。
181031_002.jpg
おーいい感じ。
ハンドルの傾き具合で若干のアジャストも出来るだろう。
折りたたみの際も問題ない。しばしこれで走る事にする。


posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。