2018年09月10日

birdyか?Bromptonか?C−はたまたFLAMINGO BPか?

先日、なんちゃってBromptonとして、Harry Quinn RoolerやDAHON Curlの事を書いたが、忘れてはいけないものがあったようだ。
台湾はFLAMINGO社というメーカーの「FLAMINGO BP


F&B01.jpg
左がFLAMINGO BP。右がBrompton。
.
.

.
.
折りたたんだ状態
F&B02.jpg
フレームの後ろ三角はクロモリで他は合金という事らしい。
イロイロと微妙に違うが、まあソックリですな。

昔、台湾製Bromptonというのが正規に販売されていたらしいが、このFLAMINGO BPはその末裔か何かなのだろうか?
購入は、GearStationというお店で購入可能GearStationは台湾のショップながら完璧に日本語OKで、日本の通販ショップと変わらないか、より丁寧で安心なショップ。

それにしてもHarry Quinnといい、DAHON Curlといい、このFLAMINGO BPといい、なんちゃってBromptonの連中はどうして律儀にドロヨケもつけてるんだろう?最近では付いてないものも多いくらいなのに。
やはり、このあたりは本家に敬意を表してってことなのか?

ところで、我がbirdyの方の話だが、お世話になっているショップに先日立ち寄ったら、オリジナルのドロヨケを近日発表するとの事。
これはこれで楽しみである。

posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。