2012年06月10日

BioLiteがArrivalだあ!!

シアトルからBioLiteCampStoveが到着しました。おおっ!!
120610_01.JPG

早速、開けてみる。
.
..
.
120610_02.JPG
収納袋とUSBケーブル、それから着火剤も付いていた。
焚火のブツにUSBケーブルが付いているのは何か不思議なカンジ。

本体の中にオレンジのパワーモジュールが収納されてます。
120610_03.JPG
これを引っぱり出して本体側面の穴にさしてドッキングするんですな。


本体の底には開閉式の足。
120610_04.JPG

パワーモジュールから棒が延びてます。
120610_05.JPG
棒の付け根は断熱措置ですね。ここの耐久性はどうかな?
黒い部分はファンです。ここから本体に風を送ります。

ドッキング。
パワーモジュールの棒を本体にさして、足を開いて固定。
120610_06.JPG


出来上がり
120610_07.JPG
早く火を付けて充電したいぞお!!

収納袋に入れてみました。
120610_08.JPG
コンパクトなのか大きいのか、微妙な大きさ。

取説は英語・・・

いきなりフィールドでは使えないみたい。
事前にパワーモジュールを充電しておく必要があります。
これは付属のUSBケーブルを使います。
120610_09.JPG
充電中は、ゆっくりなオレンジの点滅です。
iPadの付属品で充電しましたが、パソコンからもできました。
だから5Vの電源供給でOKという事ですかね。

点滅が終わり点灯すると充電完了。2時間ぐらいかかるらしい。
半年使わなかったら、この段取りが必要とのこと。

というわけで今日は、ここまで。

充電中に電源ボタンを押したらファンが回りました。
(ファンの停止は電源ボタン長押し。最初わからずあせりました・・・)

本体の大きさを考えると結構な風量で、これだったらガンガン火が起きそうな気がします。
実際、フィールドでどれだけ活躍するかは?ですが、まあネタとしては良いでしょう。
とっても真面目な考えで開発されてるようなので、おちゃらけちゃイカンとは思いつつ・・・
これで我が家も電源付きサイトになっちゃうぞお!!
.
.
posted by llcamper at 20:17| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンセクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック