2010年06月16日

MotionX-GPS Tips 磁北と真北

「Compass」などの画面の「Direction」、「Bearing」とか、いわゆる方向を示す表示欄には「165°T」と、角度とともに「T」の字がくっついている。
これは「真北(True North)」を示す。

「165°T」は、
目標、あるいは(iPhoneの)向きは「真北」から(時計回りに)165°ですよ。ということだ。

磁北(Magnetic)の設定になっていると「M」と表示される。
これは「Setting」→「Display」の「Compass」で「Magnetic」か「True」の設定による。
確かフリー版のliteは「真北(T)」のみ設定可だったと思う。

コンパスと地図を持つ人にとっては常識だが、磁北か真北は、地図と方位合わせしようとする場合注意が必要ですね。

地形図などに示される方位は真北、いわゆるコンパスの針が示すのは磁北。MotionX-GPSが、いかにもコンパス風な絵でも「T」の場合は、本物のコンパスとは違った方向を示す。気をつけましょう。

v16.2の勝手に日本語版マニュアル作りました。
.
.
posted by llcamper at 16:05| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MotionX-GPSマニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153446717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック