2010年03月23日

MotionX-GPSを試す その2

夢の島までのルート往復をMotionX-GPSで記録した。
今回は現在地把握というより、帰宅後のルート確認などをやってみた。

トラックを保存後、メールでデータをパソコンに送る。
それをカシミールにインポートする。
何も登山だけがカシミールの出番ではない。やってみると面白かった。

まず、MotionX-GPSで作成したGPSデータを読み込み、地図上にトレースする。
100322_01.jpg

ま、これだけだったらMotionX-GPSだけでもわかる
100322_02.PNG

では、つぎにカシミールで速度を見てみる
.
..
.
行きの速度の変化をグラフで表示
100322_03.jpg
ムラのある走り方ですなあ。
この画像では小さくて見えないが、データを見ると
15.627kmを1時間7分9秒で走っている。平均速度は14km。
これは休憩込みである。グラフの落ち込んだところが休んだところ。

これをMotionX-GPSで見てみる
100322_04.PNG
動かない時には自動的に計測を止める設定(Track Recorder Auto PoseのON)をしていたので休憩を除いた実働の結果がわかる。それによると
距離は15.7kmを50分45秒で走って、平均速度は18.5kmとわかる。

参考までにカシミールで行きのペースの変化を見る
100322_05.jpg
グラフ縦軸は1kmに要する時間(分)になっている。
平均ペースは4分17秒/kmだった。

カシミールはトラックを再生する事もできる。
グラフと地図のトラック上を小さな人のアイコンが動く
何処で休憩してどのあたりで頑張ったかよ〜くわかる。面白い。

とまあ、MotionX-GPSで取得したデータでイロイロと遊べる分析できる。

・・・てな事を書いていたら、MotionX-GPSがアップデートしたとの通知。
Ver10.0になって、グラフも表示されるようになったようだ。
ネットのキャプチャ画像ですがこんな感じです。
100322_07.jpg


おまけにインターフェースも変わったりして・・・
100322_06.PNG
ちょっと慣れが必要だが、グラフの他にも機能が追加されている。

「MyPosition」は今いる場所。写真撮ってShareつまり人に知らせる事も出来る。
これまではスタートするか、ウェイポイントを一度作って編集する方法でしか、現在地のの写真は撮れなかったので、うれしい機能が追加された。利用価値は高い。

「Share」の機能も従来通り簡単な操作で送信できる。

全体の使い勝手としては、これまでは「←」や「→」ボタンのトグルで機能を選択していたものが「Menu」ボタンになったので目的の機能に行きやすくなった。
「GPS家」ボタンは設定したページのみ開く事ができるので、素早い操作が可能になった。
(これは旧バージョンでも似たような機能はあったが、操作性は向上した)

・・・とまあ、ちょっと触っただけでは把握しきれない盛りだくさんのバージョンアップである。
またじっくりと触らせていただくことにする。
にしてもこれで350円なんだから、GPS機器は負けられませんね。

MotionX-GPS マニュアル 勝手に日本語版

posted by llcamper at 22:09| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック