2009年09月26日

低し!!(安ヶ森キャンプ場)続き

まあカーミットチェアとそれ用の自作テーブルで、それもタープの下で、食べるという事は実現しました。
090921_03.jpg

しかし、収納箱はもちろん、ポリタンなど、ありとあらゆる水平部分に、ものや皿をのっけてしまった。
090921_00.jpg

.
..
.
5月と違って、フワフワの下草によって地べた感が希薄になってしまった。
・・・というのもイイ言い訳かもしれない・・・
090921_04.jpg

レベルの話はさておき、団体さんが帰った奥のフリーサイトはこんな感じ。
キャンプ場内の道に面しているので、車はサイトの近くにとめられる。
090921_02.jpg

そばのゲートをくぐって、その道をどんどん行くと、一時間ちょっとで滝にたどりつく。春は川沿いの道も地面が見えて3人ぐらいは楽に並んで歩けたが、今回は踏み跡わずかな腰ほどの草を払いながら恐る恐る進む事になった。
090921_05.jpg

ホントはキャンプ場から車で小一時間ほどのところから歩き始める田代山湿原にいくつもりだったのだが、準備が間に合わず見送った。いつかは訪れてみたい所である。

とまあ、直前なって決めた安ヶ森キャンプ場であったが、そばの川もきれい。
管理棟もきれいになり、水場も清潔で良いところだと思う。

キャンプ場はこんな感じ(クリックすると大きくなります)
090921_07.jpg
地図が少々古いがDの「安ヶ森ロッジ」が管理棟で、ここで受付
第1テントサイトが盛土で区画されたサイト、その向かいがオートサイト
第2テントサイトが私が奥のフリーサイトと呼んでいるサイトである。
管理棟からテントサイトへの道は、ゲートがあって原則としてキャンプ場利用者以外は入れない。
周辺は散策路があるがどれほど手入れされているかは不明。

管理棟は日光市自然体験交流センター「安らぎの森四季」という施設となり宿泊も可能である。

キャンプ場は
入場料が一人200円(小学生以上)。使用料はオートサイトが4,000円。オートサイトと道を挟んだ向かいの区画サイト(大)が3,000円、その後方のサイト(小)が2,000円。奥のフリーサイトはオートサイト前の道を5分程歩いたところにあって1人用テントで1,000円、2人用以上で2,000円。売店、レンタルはなし。薪は売っている。
温泉は湯西川温泉が車で10分ぐらい、最近できた道の駅「湯西川」が30分程度。

大きなスーパーは近くにはない。1時間ほど南下した鬼怒川のリオン・ドール鬼怒川店ぐらいか?
今市から来る場合、今市周辺では何かと調達できそうである。

キャンプ場の連絡先は
自然体験交流センター 安らぎの森四季
0288−98−0145
.
.
タグ:kermit
posted by llcamper at 23:50| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | キャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねー!!
わたしもこの間、GO OUT主催のキャンプに行ってきましたが、ロウスタイルのキャンパーでいっぱいでしたよ。
カーミットチェアの人もちらほら。
ロウ、ミドルスタイルはこれからどんどん増えて行くと思いますよ。テーブルもいい感じですね。すばらしい!
使い心地や剛性感なんかはどんな感じですか?
けっこう上にものを置いてらっしゃるようですが。

わたしの作った木製のテーブルは、この間知人の子供が座ったとたんに、バッキッと音を立てて、脚が折れてしまいました。
試作だからと、ケチって安い木材で作ったのが仇となりました、、、。
Posted by りょう at 2009年09月29日 10:12
りょうさん、こんにちは
うちのテーブルは天板の厚みが5ミリしかないので、基本は「モノをのせるな!!」です。
で、「のせても周辺部」「重量物禁止」です。
写真に見えるものもほとんど食器や軽い食べ物のたぐいばかりです。ダワンダワンしてますし、ダッチオーブンを真ん中に置いたら、きっとバキッといっちゃいます。
剛性と重量のバランスは難しいですね。
Posted by llc at 2009年09月29日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128933198
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック