2018年11月11日

地理院地図

地理院地図は面白い。色んな地図を見る事ができる。
※クリックすると「地理院地図」で表示します。
181109_01.jpg
左上の「情報」をクリックすると、様々な地図の選択ができる。
右上の「機能」は任意の地点間の距離測定や断面を見たり、表示をカスタマイズするなどできる。


↓この画像は「情報」の「土地の特徴を示した地図」の中の「治水地形分類図」の「更新版」の地図である。※クリックすると「地理院地図」で表示します。
181109_02.jpg
越谷市を中心に、元荒川、大落古利根川、中川、江戸川の範囲を表示している。
表示している地図(治水地形分類図 更新版)の「解説」をクリックすると凡例が表示できる。

何故、大落古利根川の川沿いの景色が気に入ったのか?
この地図を見ていて、その理由のひとつがわかった。
中川や江戸川、それに元荒川の一部には、川に沿って堤防や土手を示す、こげ茶や黒の線が走っている。
一方で大落古利根川はこれが少なく、流れが運んだ土砂により出来た幅の広い微高地(自然堤防)が多い。
これが他の川とは違う景色をみせてるのだろう。

posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

袋小路?

街中を散歩してると、面白いものに出くわす。

知らない道を走っていて袋小路に出くわして「行き止まりかあ」
※写真が無いのでGoogleストリートビューの画像を御覧下さい。

.

続きを読む
posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

古隅田川(東京)Aのつづき

黄色丸部分を確認する。
181020_020.jpg
.

続きを読む
posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

古隅田川(東京)A

古隅田川の案内板を見ていて疑問がわく。昔の地図によると古隅田川は輪投げのように綾瀬駅を巻いて流れているのに、案内板では南から枝分かれして駅まで伸びているだけ。
※画像の上にマウスをおくと、昔の地図による古隅田川の位置が重なります。

輪投げルートは、概ね足立区と葛飾区の区境と重なる(ただし区境は駅を巻かずに駅南側で折り返す)。オレンジの丸のルートには川の名残も無いが、黄色の丸は案内板にも青丸で表示されている。
もう少し、この部分を調べてみる・・・

今昔マップon the webで見てみる。
※画像をクリックすると大きく見えます
181020_033_2.jpg
左は、明治42年(1909年)測図大正2年(1913年)製版の地図。
はっきりと古隅田川が見える。このルートをなぞって地形図に貼りつけたのが右。
昔は綾瀬駅を巻く輪のくびれ部分(青丸部分)に川は無いようだ。でも、まあくびれをつなぎたくなる気持ちはわかる
うーむ

posted by llcamper at 18:57| ホノルル ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

古隅田川(東京)@


東京の古隅田川を自転車でトレースする。

古隅田川は中川と綾瀬川、隅田川を結び、ほぼ足立区と葛飾区の区境と重なる。川だけど川面が見えない暗渠か親水公園となっている。
おまけに隅田川に合流する部分は、後に開削された荒川放水路によってぶち切られていたりするから、なぜ古隅田川と呼ぶのか現状ではわかりにくい。

下はルート上に時々出てくる案内板。クリックすると大きくなります。
181020_002L.jpg
案内板の水色の丸点線が古隅田川のルート。違う気がする所もあるが、まずはこれを頼りに行くのが吉。
南側で綾瀬川にぶつかる大六天排水場のポイントはココ(map)
中川にぶつかる(長門排水場の跡地の)ポイントはココ(map)
.



続きを読む
posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

自転車のハンドルを交換する

自転車に乗ってるうちに、ハンドルをもう少し高く、さらにもう少し前にも出したくなった。
birdyは、サドルの高さと前後位置は調整可能だが、ハンドルは固定され調整代はない。

方法はいろいろあるが、単純に目的にあう形状のハンドルに交換した。
2017年モデルのBirdyはハンドル幅が520o、握る部分は22.2mm、ハンドル取付部の径が31.8mmのまっすぐなハンドルである。
なのでママチャリみたいに曲がった形状のハンドルだったら、高さと前後の調整が可能である。

選んだハンドルは
VENO(ヴェノ) セットインライザーハンドルバー バークランプ径:31.8mm
181031_001.jpg


ライザーバーっていうと幅が広いのが多く、オールランダーバーはライズ(曲がり?)が小さく、目的に合わないのが多い中、東京サンエスから質感の良いハンドルが出ていた。

ライズは5センチ程度、ハンドル幅はオリジナルより両側1センチずつ長い540o。
ハンドルを握ってみると、ポジションが拳半分から1個分高くなって前に出た。
181031_002.jpg
おーいい感じ。
ハンドルの傾き具合で若干のアジャストも出来るだろう。
折りたたみの際も問題ない。しばしこれで走る事にする。


posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

ときどき葛西用水路D−利根川

とうとうやってきました利根川。
181028_000.jpg

181028_001.jpg
葛西用水路のスタート地点ですな。
続きを読む
posted by llcamper at 00:00| ホノルル ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする